Good News 中島重人のBLOG

福岡県久留米市で筑後川のリバークリーン活動、自然体験活動を行っている任意団体「Good News」なかしま しげひとのBlogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪タコあげ大会2010♪

ナカシマです。

昨日は、Good News
「本気シリーズ第1段」

タコあげ大会を行ってきました!
DSCF2271.jpg
DSCF2258.jpg

本気シリーズとは
EPSON002_20100131125650.jpg

題字:あゆ姉さん

Good Newsは筑後川でのゴミ拾い活動を通じ
子供からお年寄りまで隔たりない空間で
環境問題を考えるきっかけとなる1日を作る事を
目的としています。
今回「本気シリーズ」が生まれたのは
僕ら自身や子どもたち、大人も含め
ゴミ拾いだけでなく
「自然の中で思い切り遊んだ」という
思い出を持ってもらう事で
自然に親しみを持ってもらい

自然を好きになってもらう事で
環境問題へ関心を持って頂く
きっかけ作りにしようとはじめました。
要は本気で遊ぼうって事です!

今回は
1月(もう月末ですが)という事で
タコあげ
これがこれが、

大盛況(笑)

大学生や社会人、まるで子どもみたいに

はしゃぐ

はしゃぐ

走り廻る
DSCF2263.jpg
DSCF2260.jpg

しばらくすると、
youmeタウン久留米さんで買い物帰りの
親子連れの方々が見学に来られ

興味深そうに凧をみる
子どもたち
「やってみる?」と
凧を差し出すと

手にとって走り出す
お母さんや
Good News参加者の皆で
「走って走って!
そうそう風に乗せて
あー!!!!」と

盛り上がりました
DSCF2270.jpg
DSCF2259.jpg
DSCF2261.jpg

孫を連れたおばあちゃん達も
飛び入り参加して
「私たちの頃は、自分たちで作って
こうやって遊んでたねぇ
懐かしいねぇ」と話され
お孫さんと一緒に走り回ってました

けなちゃんや今回初参加のしょうこちゃんが
朝5時までかけて作ってくれた
手作りタコは子どもたちに大好評
「本気タコ」でクールにポーズを
決める飛び入り参加の兄ちゃん
DSCF2269.jpg
そしてさらに気がつくと
写真家さんたちもいっぱい
「いやー、こういう風景見ると落ち着きますね」
と言いながら
パシャパシャ撮影されてました

今日は今までで一番
「何の団体さんなんですか?」と
周りの方々から声をかけられました

「凧上げの・・・じゃなくて
毎月ゴミ拾い活動をしてるんですよ」

「あぁ、11月にもされてた方々ですね
色々な事されてるんですねぇ
いやぁ、今はだいぶ少なくなったけど
こういう風景を残して
次の世代に残していきたいよね
これからも、頑張ってくださいね」

温かい言葉をたくさんもらいました。
活動が地元の方々に定着してきてる事を
感じ、とてもうれしく思います。

今日は、「くーみんテレビ」の方が
取材に来てくれたのですが
リポーターのおねぇさんも
一緒になって凧あげてました(笑)
DSCF2276.jpg
この写真、なんかいいでしょ?
DSCF2277.jpg
くーみんテレビの方々は温かい方が
多くていつもお世話になってます

31日(日)に久留米市は
市長選挙を控えているため
Good News副代表けなちゃんが
「どんな久留米市になってほしいか?」という
インタビューを受けてました
DSCF2274.jpg

そんな感じでバタバタ2時間遊んで
「あー!!!疲れだぁ」
タコあげって、疲れるのね(笑)

昔の子どもたちはこうやって
たくさん走り回ってんだ
強いはずだよね

親子連れで来られた方は
筑後川の土手ってこんなに広いんですね
と言われてる方もおられました
筑後川の素晴らしさを
改めて知ってもらって嬉しいです。

その後、打ち合わせ
本日の感想を皆に聞いてみると

大学生のサカモトさんが
「たまたまそこに居合わせた方が
参加していい?と言える雰囲気
入りやすい入口が良かった。
今後の活動も、Good News以外の方も
飛び入り参加できる入口にしていきたいですね」

まさに、その通りだよね
特定の誰かがじゃなくて
皆でゴミ拾いや自然体験を親しんで
筑後川を綺麗にしていこう♪

そして今後「本気シリーズ」で
どんな遊びをしたいか皆で話し合い
・けいどろ
・だるまさんが転んだ
・冬限定水鉄砲など
色々案が出ました。

キャンドルナイトも、絶対やるよ
キャンドルで
「ゴミゼロ目指そう筑後川」の文字を
ともそうよ!

また、今日は
「J-BOY」のけーすけにも来てもらって
彼が向き合っている
「吃音」という言語障がいについての話を
してもらいました。
話聞くのに夢中で写真撮り忘れた
またこの写真(ごめん)
DSCF2236.jpg


「吃音症」とは?

※以下、Wikipediaより引用

発語時に言葉が連続して発せられたり、
瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの
言葉が円滑に話せない疾病。
他の身体的障がいや言語障がいと同様に、
吃音は嘲笑やいじめの対象になる事もある。
音読の授業で上手く喋れず
子供の心に深い傷を負わせることも多い。
吃音に絶望し自殺する者もいる。
自殺しないまでもうまく言葉が話せないことに起因する
うつ病、対人恐怖症、社会恐怖、引きこもりなどの
二次障がいが出ることもある。


「吃音」とはどういうものなのか
今までどんな苦しみがあったのか?
辛い思い出も、たくさん話してくれた

そして、
「吃音」を知らない人たちの理解がなくて
対人恐怖症になり、
自殺してしまう人もいる
知ってもらいたい。
そして、いつかその思いを残す映画を作りたいと
けーすけは夢を語っていました。
応援してるよ、けーすけ。
頑張ろうね。

そして今日は、
Good News Memberウチカワさんから
凄い素敵なプレゼントをもらいました
ほら!
「きらり」を載せた紙袋!
DSCF2282.jpg
DSCF2283.jpg
そして、Good Newsメンバーズカード!
EPSON002_20100131112441.jpg

素晴らしい、超おしゃれ!!!
ウチカワさん本当にありがとうございます
今日は感動してしまって
最後ウチカワさんが帰った後に
僕とウチカワさんのご縁を
話させて頂いていたら
昔の事や今まで頑張ってきた事を
思い出して
涙ぐんでしまって・・・

みんな、びっくり(笑)

やばいね
いかんいかん。

昨日の皆の笑顔
飛び入り参加してくれた親子の方々
子どもも大人も

おんなじ笑顔
純粋な笑顔
最高の空間がそこにはありました。

自分が夢に描いていた
そんな風景が少しずつ
見えてきた気がした1日でした。

まだ公表出来ないけど
今進んでるBig プロジェクトといい
どんどん前に進んでる
背中を押して前に押し出してくれる
人生の大先輩
いつも応援してくれているみんな
みなさんのおかげです。

本当にありがとう

あ、本気シリーズの
テーマは
Smile Time!!
だそうです
By けなちゃん&しょうこちゃん




スポンサーサイト

♪ニンニン♪

1月17日(日)は、けーすけ率いる
「J-BOY」の2人一緒にゴミ拾いをしてきました。
J-BOYは朝が早い。
7時30分に、けーすけのお店BASIC MOTORSに
集合なので、朝早く向かおうとしたら
車が動かない!

オーマイガー

という事で、けーすけとひろさんに
迎えにきてもらって
車はあとでJAFを呼ぼうという事になりました。

車(代車)に
「うんこ」書いて
にんにんするけーすけ
DSCF2239.jpg

「せっかくだから、シゲヒトの家の近所で
ゴミ拾いしようよ」とのお誘いがあり

うわ、約5年ぶりに
御笠川のゴミ拾いをする事になりました。
写真はけーすけとひろさん
DSCF2236.jpg

ここは中学2年生の頃に
はじめてゴミ拾いをはじめた場所
夢がここで生まれ
ここで育まれてきました

太宰府市に住んでいるのも
あと半年もない。
最後にこの川に
「ありがとう」が言えて良かった。

バタバタゴミ拾いしたので
1時間ぐらいしかしなかったですけど
さすが御笠川、凄い量のゴミでした

すべて誰かが故意に捨てないと
落ちてるはずのないゴミ。

この日は、筑紫野市のゴミ袋しか
持ってきてなかったので
けーすけとひろさんに
ゴミを持って帰ってもらいました
DSCF2238.jpg

なんかすっぱいゴミが入ってて
車がすっぱい

「うえー」
と言いながら
わーわー言いながらゴミ拾いしてきました。

2月7日(日)早朝には
この仲良し3人で
筑紫野市の天拝山をゴミ拾いしながら
登ってきます。

いいねー
登山大好き


中島重人

こんにちわ(・ω・)/

こんにちわ(・ω・)/
今日も元気いっぱい副代表の梯です。
まだまだまだまだ副代表なりたての何も出来ていない私ですが
どうぞ宜しくお願いします。

初GoodNwesブログStart♪

本気シリーズ本当に楽しみです♪
本気の凧揚げに向けて
本気でタコを作る事にしました♪

本当は土日に実家でタコ作る予定だったのですが、
急遽予定変更です

(・ω・)/

ウルトラマンになった気分で(どんな気分や笑)
我が友(Sさん)に会いに
大牟田に行ってきました

Good Newsスタッフの
優しいお姉様の働くお店にも
突撃させてもらいました
すごくビックリさせちゃいましたが、
姉さんのタコも作る約束しましたぁ

(=^▽^=)ウヒヒ

夕方実家に帰るはずが
かくかくしかじかで
お友達(Sさん)の家に
泊めてもらうことになり
かくかくしかじかで
Good Newsの本気シリーズの
話になりました♪

SさんはGood Newsのコミュニティーを
チェックしてくれていたみたいで、
『あたし、このキャンドルナイトとか
良いなって思う♪』って(>ω<)

活動に賛同してもらえて本当に本当にうれしかったです。
タコの話をしたら盛り上がる!!盛り上がる!!(笑)

話をしていて気がつけばAM3:00(笑)
私達の頭の中は睡眠よりもタコ!!!!(笑)
真夜中のタコ作りがスタートしました(・ω・)♪
タコづくりに要りそうなものを想像してゲットしといた材料をこちら♪
20100117205035.jpg

明太マヨネーズのポテトチップスもタコ作りには重要です♪(笑)
20100117205040.jpg

Sさんは、真剣にたこの作り方調べてくれたり
「絶対飛ばしたいよね!!」って言ってくれたり嬉しかったです♪

試作品を作って、扇風機をつかって風をおこして
室内凧揚げ大会をしました♪(笑)

紙でもタコって出来るんです♪
「飛んでる!!!!」って夜中に・・・(笑)
そんなこんなでタコ作りは5時まで続きました♪(笑)
Sさんも30日行きたいなって言ってくれました♪
彼女はきっと私よりはしゃいで飛ばしてくれます♪(笑)
めーーーーーっちゃ嬉しいです♪
20100117205044.jpg


タコ作りのシュミレーションは完了しました♪
午前中大牟田を出発して、お昼すぎ実家へ♪
おじいちゃんと作るはずでしたが、
畑に行ってるみたいだったので、
代わりにおじいさん顔の愛犬ベリィと一緒に
タコ作り始めました♪
シュミレーションのおかげで意外と簡単にできました♪

絶対に飛ぶはず!!
妹ともに外へ飛び出しました♪

おおおおおおおお♪
うわーーーーーーー♪
えーーーーーーーー!!
きれいに飛んだかどうかは当日のおたのしみ♪(笑)

1月30日どうか晴れて、風が吹きますように♪

吃音と向き合う けいすけ

今日の朝、筑紫野市でゴミ拾い活動をしている
「J-BOY」のけーすけの所へ遊びへいってきました

彼は自営業で車屋を営みながら
ゴミ拾い活動や異業種交流会などに取り組んでる
熱い男。
DSCF0761-blog_20100111160256.jpg
お互いの活動に参加したりしていつも刺激し合ってます。

私の車もちょくちょくお世話になっています

そして、彼が最近新しくはじめた
「トライク」という乗り物の試乗を
させてもらってきました

詳細はけーすけが営む
BASIC MOTORSのHPから

ね、むちゃくちゃ恰好いいでしょ
試乗させてもらったけど
最高に面白かったよ
でも、寒かった~

記念に写真撮影
20100111151615.jpg
ほしい・・・。
20100111151610.jpg



そんな、けーすけですが
彼は日々とある症状と向き合い生きています。
それは「吃音症」という言語障がいです。

「吃音症」とは?

※以下、Wikipediaより引用

発語時に言葉が連続して発せられたり、
瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの
言葉が円滑に話せない疾病。
他の身体的障がいや言語障がいと同様に、
吃音は嘲笑やいじめの対象になる事もある。
音読の授業で上手く喋れず
子供の心に深い傷を負わせることも多い。
吃音に絶望し自殺する者もいる。
自殺しないまでもうまく言葉が話せないことに起因する
うつ病、対人恐怖症、社会恐怖、引きこもりなどの
二次障がいが出ることもある。
詳しくはこちら

彼も物心ついた頃から悩まされ
両親や友達などに相談もできず
ずっと隠して生きてきたそうです。

だけど、今は
「それを理由に出来ないと
決めつけているものがある事に気がついた
吃音があっても、それと向き合い
やりたい事をやっていきたい」

そして、
「吃音はまだまだ世間的には
知られていない病気。
日本でも100万人が苦しんでいると
言われている。
吃音に理解のない人たちの心ない対応で
傷ついている人もいる。
それを変えたい」と

彼は日々自分と向き合っています。

そんな彼を応援したいと思っています。
近いうちに
Good Newsの活動時に、参加者の皆さんに
彼の話を聞いてもらえる機会を
作ろうと思っています。

私たちは、身の回りにあっても
まだまだ知らない事がたくさんある
知らず知らずに
そういう人を傷つける発言を
してしまっているかもしれない。

彼の思いを聞いて
「吃音」という症状を知ってほしい

人前で話すのは、彼にとって苦しい事だとは
わかっているけど
自分と向き合うその姿を応援したいから
頑張って、話してほしいと思っています。

中島重人




WATAMI株式会社とのコラボ★

届きました!
何がって?

WATAMI株式会社様が発行している
フルーペーパー
「O:Kun」です
DSCF2235.jpg


O:Kun HPはこちら!
WATAMI株式会社HPはこちら!!

O:Kunとはクメール語で「ありがとう」を伝える言葉です。
あたりまえだけど忘れがちな、そんな気持ちを思い出させてくれる
素敵なフリーペーパー
「O:kun」

WATAMI株式会社様が取り組んでおられる活動記事や
渡邊美樹会長と著名人との対談
芸能人や様々なNPOの方などへのインタビューなど
読んでいて勉強になり、温かい気持ちになります。
面白いよ♪

ぜひ、Good Newsの活動時に参加して頂いた皆さんに
プレゼントして読んで頂きたいなと思い
WATAMI株式会社本社の方と相談させて頂き
今回、30部頂きました

今後も定期的に頂き
皆さんに配布していけたらと思います

1月30日の凧あげ大会でも配布しますので
楽しみにしていてくださいね

こんな素敵な機会を頂きまして
WATAMI株式会社担当者のM様
本当にありがとうございます!!

Good News 中島重人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。