Good News 中島重人のBLOG

福岡県久留米市で筑後川のリバークリーン活動、自然体験活動を行っている任意団体「Good News」なかしま しげひとのBlogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吃音と向き合う けいすけ

今日の朝、筑紫野市でゴミ拾い活動をしている
「J-BOY」のけーすけの所へ遊びへいってきました

彼は自営業で車屋を営みながら
ゴミ拾い活動や異業種交流会などに取り組んでる
熱い男。
DSCF0761-blog_20100111160256.jpg
お互いの活動に参加したりしていつも刺激し合ってます。

私の車もちょくちょくお世話になっています

そして、彼が最近新しくはじめた
「トライク」という乗り物の試乗を
させてもらってきました

詳細はけーすけが営む
BASIC MOTORSのHPから

ね、むちゃくちゃ恰好いいでしょ
試乗させてもらったけど
最高に面白かったよ
でも、寒かった~

記念に写真撮影
20100111151615.jpg
ほしい・・・。
20100111151610.jpg



そんな、けーすけですが
彼は日々とある症状と向き合い生きています。
それは「吃音症」という言語障がいです。

「吃音症」とは?

※以下、Wikipediaより引用

発語時に言葉が連続して発せられたり、
瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの
言葉が円滑に話せない疾病。
他の身体的障がいや言語障がいと同様に、
吃音は嘲笑やいじめの対象になる事もある。
音読の授業で上手く喋れず
子供の心に深い傷を負わせることも多い。
吃音に絶望し自殺する者もいる。
自殺しないまでもうまく言葉が話せないことに起因する
うつ病、対人恐怖症、社会恐怖、引きこもりなどの
二次障がいが出ることもある。
詳しくはこちら

彼も物心ついた頃から悩まされ
両親や友達などに相談もできず
ずっと隠して生きてきたそうです。

だけど、今は
「それを理由に出来ないと
決めつけているものがある事に気がついた
吃音があっても、それと向き合い
やりたい事をやっていきたい」

そして、
「吃音はまだまだ世間的には
知られていない病気。
日本でも100万人が苦しんでいると
言われている。
吃音に理解のない人たちの心ない対応で
傷ついている人もいる。
それを変えたい」と

彼は日々自分と向き合っています。

そんな彼を応援したいと思っています。
近いうちに
Good Newsの活動時に、参加者の皆さんに
彼の話を聞いてもらえる機会を
作ろうと思っています。

私たちは、身の回りにあっても
まだまだ知らない事がたくさんある
知らず知らずに
そういう人を傷つける発言を
してしまっているかもしれない。

彼の思いを聞いて
「吃音」という症状を知ってほしい

人前で話すのは、彼にとって苦しい事だとは
わかっているけど
自分と向き合うその姿を応援したいから
頑張って、話してほしいと思っています。

中島重人




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://makegoodnews.blog15.fc2.com/tb.php/130-7f276348
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。