Good News 中島重人のBLOG

福岡県久留米市で筑後川のリバークリーン活動、自然体験活動を行っている任意団体「Good News」なかしま しげひとのBlogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑後川クルーズ〜Good Newsの今後について大事なお報せ〜

【今後のGood Newsについて大事なお話】

昨日は、筑後川遊覧船に乗って「筑後川クルーズ」に参加して来ました♪
NPO法人筑後川まるごと博物館さんの主催でした。楽しかった〜♪

1_20131117200246d5f.jpg

この日乗船させて頂いた
「おかむら丸」は普段は大川市や有明海で活躍している
遊覧船で、イベントなどの際に
時々久留米市にも登ってこられています

2_20131117200247b7c.jpg

11_20131117200613ff5.jpg

船の中は座敷になっていて、子どもから大人まで
幅広い年齢層の方が乗船出来ます♪

5_2013111720025234d.jpg

船では、筑後川まるごと博物館の鍋田さんと
船長さんが筑後川の歴史などについて
お話をして下さいます
9_201311172003104fa.jpg

8_20131117200309056.jpg

勇介、船怖がるかなと思ったけど
思ったより楽しんでました♪
この後ろ姿、野原しんのすけみたいじゃない?
7_2013111720030712a.jpg
13_2013111720061607b.jpg

10_2013111720031290f.jpg

6_20131117200306a82.jpg

4_201311172002509c5.jpg

いや〜楽しかったです。
普段は外から筑後川を見ているけど
筑後川の中から見る景色は全く違って
1時間があっという間でした♪

筑後川は各所で「堰」があって
普段は船は通れないのですが
「船通し」によって、堰を登ったり下ったり出来るのです

そこらへんの写真なんかは次回(笑)

実は来年ぐらいから、Good Newsもこの「筑後川クルーズ」や
バスをチャーターして行う「筑後川の源流を見に行くツアー」
語り部に昔の筑後川についてお話をして頂く「筑後川物語」といった企画を
行って行こうと、色々勉強させてもらっている所なんです。

来年の初夏には国土交通省筑後川河川事務所の協力で、
子ども達と川に住む生物を捕まえて、
川の水質調査を行うワークショップも行う予定です。

このような企画が生まれたきっかけは2つ。

それは「夏の暑さ」と「子ども」。

毎年、真夏のゴミ拾い活動は大変な作業になります。
30〜35度近い炎天下の中で、90分も活動するのは正直、危険。
過去に活動中に熱中症になってしまった人もいて、
「毎月1回と決めてはいたけれど、
真夏のゴミ拾い活動に関しては考え直したらいいのでは?」と
課題になっていました。

せっかく参加してくれたのに
「きつかった」
「全然面白くなかった」という思い出ばかりが残ってしまったら、
僕らの目指すGood Newsは生まれない…。

そして、僕自身に子どもが生まれたのももうひとつのきっかけ
。一緒にゴミ拾い活動する事も大事な事だけど、
子ども達には環境問題を背負わすよりも、
まずは「筑後川で、自然の中でおなかいっぱい遊んだ!」という
思い出を沢山作って欲しい。

もちろん、メインの活動はゴミ拾い活動です。

新たなる企画も織り交ぜ、
子どもから大人まで筑後川を楽しみながら、
自然の素晴らしさと触れ合う事で、自然を好きになって
「大事にして行きたいね」という気持ちを育める活動にしていけるように、
少しずつ成長して行きますので、
これからもGood Newsの活動をどうか暖かく見守って下さいね!!

「楽しいから!」
理由なんて、それだけでいいんだと思う。
僕らが目指す方向がブレなければね♪

だって、未来は「楽しい!」方がいいじゃん( ´ ▽ ` )ノ

自分たちが見たいと思えるような
Good Newsを、自ら発信していきましょう!!


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://makegoodnews.blog15.fc2.com/tb.php/355-3ebfd4b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。