Good News 中島重人のBLOG

福岡県久留米市で筑後川のリバークリーン活動、自然体験活動を行っている任意団体「Good News」なかしま しげひとのBlogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Good News筑後川の未来の作り方第1弾〜筑後川源流ウォークラリー〜」大成功!!

2014年9月14日(日)

2ヶ月以上かけて企画して来た
「Good News筑後川の未来の作り方第1弾
〜筑後川源流ウォークラリー〜」
開催しました!!

1.jpg

2014年春に
「Good News筑後川の未来の作り方第0弾
〜筑後川有明海クルージングプレイベント〜」という形で始まった
この企画も、いよいよ正式にスタートです

春に行った筑後川有明海クルージングは
こちらをご覧下さい


9月14日(日)、
いつも活動拠点としている
「筑後川発見館くるめウス」の駐車場に
九重町まで僕らを連れて行ってくれる
西鉄バスが登場♪
20140914-75.jpg
20140914-74.jpg

参加者の皆も集まりだします
20140914-01.jpg
20140914-03.jpg
20140914-02.jpg

この日は、久留米から
Good Newsの筑後川リバークリーン活動に
遊びに来てくれている子どもや
お父さんお母さんを中心に35名
また、九重町で「トキの里クラブ」の
子どもたちとお母さんの
計50名で筑後川源流ウォークラリーを行います。

「楽しんで行くぞー!
 盛り上げて行くぞー!
 成功させるぞーおー!!」って感じで円陣(笑)

社会人になってする機会なかなか無いよね♪
20140914-04.jpg

行きのバスの中では、まずは
子ども達に筑後川に興味を持ってもらう為の
「筑後川クイス」を行いました。
20140914-05.jpg

例えば、
「皆は普段使っている水は、どこで生まれるのでしょう?」
「源流は、どこにあるのでしょう?」
「筑後川は、○○で一番大きい川です」
「昭和32年まで、筑後川流域の小中学校にはプールが無かった」
「筑後川で木を運んで大川市は家具が発達した」
などなど、

子ども達もだんだんと筑後川を知ってくれています
興味津々
20140914-06.jpg

福岡県510万人のうち300万人が
筑後川の水を生活用水に使っていて
筑後川が無くなったら、皆生活して行けないんだよ
「えー!!そうなんだ〜!!」

そして、あっという間にバスは九重町に
20140914-11.jpg

「トキの里クラブ」の子ども達もいよいよ合流です!
20140914-09.jpg

今回、筑後川源流ウォークラリーを一緒に考えてくれた
イケマリさんも登場!!
20140914-07.jpg

20140914-08.jpg

「トキの里クラブ」について説明をしてもらいながら、バスは
バスは目的の近づいて行きます
賑やかになって来た(笑)
20140914-10.jpg

そして、ウォークラリーを開催する
タデ原湿原へ到着♪
バスを下りて広場まで歩きます
20140914-12.jpg

広場では
九重ふるさと自然学校の皆さんが
上流と下流の皆の
交流とチーム分けを兼ねたゲームを開催してくれました
20140914-20.jpg

6チームに分かれての行動だったのですが
1班=タヌキ
2班=ハギ
3班=アブラメ
4班=キツツキ
5班=アサギマダラ
6班=オミナエシ

といった、タデ原湿原で見られる
動植物の名前で班分け
さぁ、上流の子ども達と下流の子ども達
仲良くなれるかな?
20140914-25.jpg
20140914-22.jpg
20140914-19.jpg
20140914-16.jpg
20140914-28.jpg


何か、心配なさそうな感じ(笑)
もう一緒になって虫取りしてるし
20140914-13.jpg


いよいよ、ウォークラリースタート♪
まずは「筑後川源流の碑」でルール説明や注意を聞いて
イケマリさんが作ってくれた
「コマ地図」を頼りに宝探しの様な感覚で
「源流」を探しに行きます
20140914-35.jpg
20140914−80
20140914-31.jpg

おーい、行くよ〜(笑)
20140914-33.jpg

どのチームも、大人ではなく
子どもが先頭に立って地図の答えを探りながら進みます
20140914-44.jpg

湿原の中はこんな感じ
この木道、癒されます
あっちこちに源流が湧き出ているよ
20140914−90

20140914-43.jpg

20140914-42.jpg

20140914-40.jpg

20140914-39.jpg

20140914-71.jpg

耳を澄ますと、キツツキや色々な生き物の
鳴き声が聞こえるよ
20140914-41.jpg

そして、源流に到着!!
ここはどんどん水が湧き出ているポイント
そこで「九重ふるさと自然学校」の指原さんが
待ってくれていて

源流についての説明と
何と!汲んで来たばかりの湧き水を飲み比べさせてくれました
20140914-73.jpg

20140914-38.jpg

20140914-37.jpg

最初は「硫黄」の強い湧き水を飲ませて頂くと
子ども達は「ゆで卵の匂いがする〜」
感想は「匂いがきつくて美味しくない(笑)だって
次は、匂いの無い水を飲ませて頂くと!
甘い!!!
20140914−88

20140914−87

その後もタデ原湿原を満喫しました
20140914−94

ポイント毎に
九重ふるさと自然学校の皆さんが待機して下さっていて
説明だったり鳥の鳴き真似だったり
沢山楽しませてくれました
20140914−93

ウォークラリーでは幾つかの問題を作っていたのですが
20140914-47.jpg
ゴール後、また皆で合流して
答え合わせ&
僕の「筑後川の未来を作る為の実験教室」を開始しました

20140914-49.jpg

今日は簡単な実験
あらかじめ汲んでもらっておいた
源流の湧き水と
出発時に久留米で汲んだ筑後川下流の汚れた水を
用いて行います。

下流の水はヘドロも入っていて
ちょっと触れたから真っ黒(苦笑)
20140914-52.jpg

源流体験をして、筑後川の事を好きになってくれた人!と
聞くと、全員が手を挙げてくれました
そこで改めて、Good Newsという団体、僕らが
普段どんな活動をしているかも話しました

そして、下流で拾って来たゴミの説明
20140914-50.jpg

筑後川の全長は143km
上流40kmは、時速20kmで進み
中流〜下流は時速4-5km
途中ダムで流れが止まる事を考えても
綺麗な水が汚れた水になるまでは数日

何でこうなるんだろう?
20140914-54.jpg

実は川や海を汚す原因の7割は
生活排水と言われており
その更に7割は「洗濯」による汚れだという事も
お話ししました

そして、ここからびっくりタイム
僕が下流の水を飲みました(笑)
20140914-101.jpg

みんな
「うえ〜」
「無理しなくて良いよ」

20140914-102.jpg

実はこのタンブラー
濾過機能がついており
川の水を汲んで飲むと
濾過されているというもの

その後も簡易的な濾過装置を使って
汚染水を綺麗にする実験を行いました
20140914-104.jpg

川が汚れても
上下水道が整備されているから
皆の生活は大丈夫
でも、それは人間のための話

この汚れた水では
魚などの生き物達は
生きて行けないよね

20140914-56.jpg

どんどん優れた上下水道の設備を整える事も大事だけど
筑後川に流れている水が汚れる事を
少なくする事を
これから皆と考えて行けたら良いね
というお話をしました

そして、この日参加してくれた
がんこ本舗のきむちん
37年間環境問題に取り組んでいて
ヒマラヤ日本登頂2回の記録を持つ彼が
川や海を汚す原因の7割である
生活排水を少しでも減らす為に開発した
川や海を健康にする洗濯用洗剤「海へ…」

今回、これから一緒に取り組んで行きましょうと
「Good News」という名前で
各地に筑後川を考えるコミュニティ「洗剤ステーション」を
これから作って行きます
今回の様な実験教室を開いたりする拠点にも
なっていくはずです

その「洗剤ステーション」を、今回
上流の保全に役立てて頂ければと
九重町に寄贈させて頂く事にしました
20140914-58.jpg

20140914-59.jpg

そして、上流と下流の今後の交流の為に
上流=トキの里クラブの皆が筑後川の水で育てたお米を
下流=有明海の海苔を
交換させて頂きました
20140914-60.jpg

20140914-64.jpg


更に、この日誕生日だった
「パパラフ」の馬場さんに
誕生日プレゼントをサプライズで贈りました
20140914-62.jpg

みんな、楽しんでくれたかな
最後にみんなで集合写真撮影
20140914-66.jpg

20140914-68.jpg

みなさん、お疲れ様でした

後日、NHK福岡さんのニュースで
放映して頂く予定です
子ども達もインタビューを受けていました
20140914-63.jpg

20140914-65.jpg

最後に、今回の企画に協力してくれた皆さん、
本当にありがとうございました。
九重ふるさと自然学校のいけだ まりこさんは、
連日夜遅くまで企画を作るのにご協力頂き、
何度も何度も打ち合せして
「より良い物を」と一生懸命考えて下さりました。
心から感謝しています。ありがとうございました!

何度も何度も相談に乗ってくれた
馬場 義之さん、おきな まさひとさん、
ありがとうございました!!

写真撮影担当して頂いた前山 大輔さん、いつも素敵な写真をありがとうございます!!

難しいニュースが沢山溢れている世の中だけど、
皆で笑顔で発信して行ける「Good News」がきっとある、
「エコよりもニコ!」でGood Good Newsはこれからも、
こんな企画を取り組んでいきます( ´ ▽ ` )ノ!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://makegoodnews.blog15.fc2.com/tb.php/386-7585a4b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。