Good News 中島重人のBLOG

福岡県久留米市で筑後川のリバークリーン活動、自然体験活動を行っている任意団体「Good News」なかしま しげひとのBlogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんつくマンファミリーとゴミ拾い!!

ムムム?
な・なんだこの仮装した人たちは?
誰もが振り向かずにはいられない
そんな得体の知れないグループが
突如、佐賀市656広場(むつごろう)に集合しました。

そう、今日は

てんつくマンとてんつくマンファミリーがゆく
西日本ジャポンツアーin佐賀
の一環で
てんつくマンと参加者の皆で
ゴミ拾いをしてきました!!

西日本ジャポンツアーとは?
2009年2月1日~3月1日までてんつくマンとてんつくファミリーが、ワクワクハッピーワゴンに乗りこんで、めでたい仮装で西日本を、植林したり、ゴミ拾いしたり、みんなで汗かきながら一緒に動いて、そのあと、映画の上映やてんつくマンのトークライブをするツアーをしています。

H21.2-8-5

----てんつくマンプロフィール----
高校を卒業後、吉本興業にハプニングで入り、7年後、やりたいことが見つかったとお笑いをやめ、映画の世界へ。役者から映画製作へと思いは変わり、1996年、ドキュメント映画「107+1~天国はつくるもの~」を企画。製作費を集めるために路上に4年半座り、筆と墨で一人一人にインスピレーションで言葉を書くパフォーマンスが大ブレークとなり、2003年に映画を完成。
以来、ロングラン上映を続け、現在では観客動員数12万人を突破。

現在は、笑い楽しみながら世の中に笑顔と元気を増やそうと、海外支援・環境問題・小豆島での村づくりプロジェクトに力を注いでいる。ホームページ、メールマガジン、書籍、講演CD、毎月発行している月刊「てんつくマン」DVDでメッセージを発信中。
----------------------------------------------------------------------------


いやぁ、それにしても皆元気で目がイキイキしていました
H21.2.8-1
H212821.jpg



川に落ちていたゴミをキャッチ!
皆で記念撮影・・・ひとり完全につぶれてます(笑)
H21.2.8-4
ここでも、身を乗り出してキャッチ!!ナイスファイト!!
H21.2-8-8
取りにくい場所にあるゴミをいかにして拾うか?
皆でアイディアを出し合いながら、楽しみながらゴミ拾いしているのが印象的でした

とにかく大人が子供みたいにイキイキと楽しんでいる
すると子供達もどんどん楽しくなって、ゴミ拾いに真剣になりだし
壁と壁の間にかなりの量のゴミが落ちていて、どうしようかと話していた所
子供達が自ら隙間に入り込み、ゴミをガンガン拾ってくれました
ありがとう!僕らに出来ない事をすすんでしてくれた君たちは最高だぁ!!
H21.2-8-6

目的地である伊勢神宮に到着したらゴミの分別作業
H212817.jpg
また、このツアーでは最終日の3月1日までに、植林募金を1億円集めようと挑戦しており、
今日は1円玉を持って来てもらうように参加者に呼びかけていた所、
こんな素敵なお子さん達からも募金がありました。
H212818.jpg

てんつくマンとGood Newsメンバーの3ショット!!
H21.2.8-3
スタッフの方がおいしい豚汁を作ってくれていました!!これがまた旨い!!
H212815.jpg


作業が終わると伊勢神宮でお祓いをしてもらいました
H212819
三重県伊勢神宮の唯一の分社であるこの神社、何とてんつくマンの直筆の詩が飾ってあります。
もともとはこの詩、オークション相当の高値がついたらしいのですが
KEN4ROCKさんが、佐賀の高校に置いてほしいという思いをぶつけ
それが皆の心を動かし、佐賀に届けられたそうです。
現在は高校にはレプリカが飾られ、本物はこの伊勢神宮に置いてあります
生徒さんには、
「もし辛くなった時は、ここに来ていつでもこの詩を見ていいんだよ」と伝えられてるのだとか。
心温まる話ですね
KEN4ROCKさんと
H21.2.8-2


最後は記念の植樹
H212820

素晴らしいGood Newsが生まれた日でした
お世話になった皆さん、今日は本当にありがとうございました!!

以上、ナカシマでした♪













スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://makegoodnews.blog15.fc2.com/tb.php/69-8248ec8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。